NGIASについて

NGIAS (エヌジアス)~Next Generation Information Analytics Space~
次世代情報解析スペース

インターネット上で無秩序に氾濫している無数の文書情報は、日々増幅しながら流動しています。このビッグデータは、過去から現在までのトレンドそのものであり、うまく操ることができれば将来を予測することも可能です。現代ビジネスにおいてはすでにビッグデータのポテンシャルは十分に認識されており、新事業・製品開拓、協業先探索、投資先探索、M&A、競合調査、マーケティング調査、特許戦略など様々なビジネス戦略の意思決定のためにビッグデータ分析が利用されています。今や、さまざまなデータ分析ツールを選ぶことができ、データ分析そのものは簡単に実施できるようになりました。

しかし、質の高い「分析」ができていると自信を持って言える日本企業はそう多くはないのではないでしょうか。データ分析に正解はありません。その中で、ツールによって得られた結果を上手く活用できず、価値につながるヒントを得られていない、あるいは、十分な種類かつ信頼のおけるデータを分析できていない、などのケースが挙げられるのではないでしょうか。様々な種類のデータ(情報)を掛け合わせ、多角的な視点を取り込むことにより、浮かび上がる分析結果の地図から捉えられるヒントは多くなり、さらに確度の高い将来予測が可能となります。

NGIASは、Next Generation Information Analytics Space:今より一歩進んだ次のデータ分析について、皆様と一緒に考えていくスペース(コミュニティ)を目指しています。 データ分析技術や活用事例は、マーケティング業界であればマーケティング、金融業界であれば金融、のように各業界に個別に蓄積されがちですが、NGIASでは、業界・領域を問わず、俯瞰的かつ多角的な視点でデータ(情報)分析を捉え、その意義と可能性を考察していきます。領域を跨いだ新たな気づきや、その先の新たな価値創造につながるヒントをお持ち帰りいただく機会となればと考えております。

また、当日は会場の声をリアルタイムに講師陣へお届けするシステムを活用し、会場の皆様とのインタラクティブな意見交換の場も予定しています。データ(情報)の収集や活用において、より効果的な活用を目指したい、データ分析による新しい価値創出・ビジネスチャンスを模索したい皆様、またはデータ分析の今後の可能性についてご関心のある皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

NGIAS 準備委員会

NGIAS 準備委員会は、下記の企業の有志により運営されています。

株式会社イーパテント 代表取締役社長 野崎篤志
VALUENEX株式会社 代表取締役CEO 中村達生

当該企業・組織・個人は情報解析の重要性を早くから認識し、それぞれの立場からの取り組みを行ってきましたが、情報解析の啓蒙活動および解析スキルの効率的かつさらなるレベルアップを目的としてコンソーシアムを設立すべく準備委員会を結成いたしました。

当委員会の趣旨にご賛同いただける企業・組織・個人のみなさまの当スペースへのご参加を心待ちにいたしております。ご参加は、準備委員会、賛助会員、スポンサーシップなど様々な形態を用意していますので、お気軽にお問合せください。